TOEICで730点を取るのに必要な勉強時間は?勉強法もこちらで解説↓

Pocket

TOEICは、就職活動や入学試験、会社での昇進基準などで広く活用されます。

せっかくTOEICを受けるなら目指すべきスコアがあります。それは730点です。730以上のスコアがあれば、就職活動や昇進の際に有利になるからです。

 

しかし730点を取るのは簡単ではありません。

  • 730点を超えるためにはどのくらいの勉強時間が必要なのか?
  • どんな勉強をすればいいのか?

600点代から860点を獲得した私の経験を含めてお伝えしていきます。

 

関連記事:商社に行くなら「英語ができない」と不利!TOEICでハイスコアを取るべき理由

関連記事:就活でTOEICは何点必要?TOEIC600点以下で大手に受かるのは無理ゲー?

 

ズバリ!730点を取るために必要な勉強時間は?

これは、現在のスコアから目標のスコアに達するために必要な勉強時間を示した表です。

TOEICのスコアと勉強時間の相関関係

出典:Oxford University Press『A Teacher’s Guide to TOEIC® Listening and Reading Test Preparing Your Students for Success』P.6

 

現在のスコアを550点とし、750点を目指すと仮定します。その場合、勉強時間は450時間必要です。1日1時間勉強すると仮定した場合、1年3ヶ月かかる計算になります。

もちろん必要な勉強時間には個人差がありますので、あくまで参考程度に考えてください。しかし、「相当な時間をかけて勉強しない限り730点は取れない」ということは確かでしょう。



TOEIC730点を取りたい?ならば基礎英語だけでは足りません

TOEIC730点を取るなら基礎英語だけでは足りない

正直な話、高校までの英語ができれば600点前後は達成できます。平均点が600点弱であるのは、受験者の大半が高校英語までなら知っているからではないでしょうか。

 

高校では「英文法」や「構文」など、基礎力に重点を置いた学習をするので、一文一文を正しく理解する力は身に付きます。

しかし、TOEIC730点を取るのに必要なのは、文章全体を通して何を言いたいのか読み取ったり、文脈から筆者の状況を理解したりする力。

高校までの英語とは、求められている力が異なります。

 

なので、TOEIC600点以下で足踏みしている方は、”応用力”を磨いて基礎英語から一歩抜け出す必要があります。

 

TOEICで600点⇒860点にスコアを伸ばした私の体験談

私は現在860点のスコアを持っていますが、最初に受験したときは630点でした。

当時の私は、リーディングは8割近く取れていましたがリスニングのスコアが半分以下という状態。つまり、文章読解力や速読力はありましたが聞き取る力が弱かったのです。

 

そこから実践的なリスニング力をあげるため、日常的に英語を聞くようにしました。

主にしていたことは以下の3つです。

 

無理なく「TOEICのリスニング」を上達させる3つの勉強法

①TED Talk(英語で行われているプレゼンの動画)を日本語字幕で見る。慣れてきたら英語字幕で見る。最終的には”字幕なし”で聞き取れる状態まで持っていく。

②洋楽の歌詞を覚えて繰り返し聞く。好きな曲を聴きながら勉強にもなってしまうという、まさに”一石二鳥”の最強学習法。

③好きな欧米女優のインタビュー動画を見る。こちらも、勉強する意識はゼロで楽しく英語に触れることができます。あなたも好きなスポーツ選手や経営者、俳優、女優などのインタビューを見てみてはいかがでしょうか。

 

大したことではありませんがほぼ毎日続けて、とにかく「実践的な英語に慣れる」ということを意識し続けました。

こうした生活を1年続け、再びTOEICテストを受けました。結果は630点⇒745点で、リスニングスコアは100点近く伸びていました。

 

この後、さらに英語の世界に触れてみたいと思い半年間留学をしました。帰国してすぐTOEICを受けると、結果は860点。

ついにリスニングスコアがリーディングスコアを抜きました。

このように、英語に触れる機会を増やすことでスコアをグンっと伸ばすことができます。通学・通勤時間などを利用して、少しでも英語に触れることをオススメします。

 

モチベーション維持が最大の鍵

できることなら、お金をかけずに目標スコアを超えたいですよね。

 

しかしデメリットとしては

  • 自分の英語を客観的に分析できないこと
  • モチベーションを保つのが難しいこと

が挙げられます。

 

お金をかけず”何も犠牲にしていない状態”だと、”「まあ、いいか~」とサボってしまいがち。ですが、お金を費やしていれば「料金を払っている分は頑張らなければ!!」と自分を振るい立たせることができます。

 

なので、自主的に自分の英語力を見直す機会を設けたり、やる気を保つために工夫したりする必要があります。

お金をかけてプロに見てもらえば、自分の客観的な英語力を知ることができます。また、モチベーションを保ちやすいです。効率的に勉強するには、あえてコストをかけてみるのがオススメです。

自己投資した分、TOEICのスコアを加速的に伸ばすことができますからね。

 

 

 

TOEIC

Posted by 15b2124014e