シンガポールで仕事するなら【英語ができないと致命的】な理由

Pocket

「来月からシンガポールに海外赴任ね」と急に宣告されたら、色んな不安が付きまといますよね。

まず第一に、語学面での不安が一番大きいのではないでしょうか?

今回は

  • シンガポールで働くことになったけれど、英語ができなくて不安
  • シンガポールで働いてみたいけど、英語を話せない

というあなたのために、シンガポールの英語事情と対策についてまとめました。シンガポールへ旅立つ前に、ぜひ読んでみてくださいね。

 

シンガポールで仕事をすることになった!英語ができないとマズイ?

シンガポールで仕事をするなら英語ができないとマズイ

結論から言いますと、英語ができないとマズイです。

というのも、シンガポールでは英語が公用語の1つとして使われているからです。

ビジネス面ではもちろん、レストランやホテル、ショッピングモールなどでも英語は頻繁に使われます。

シンガポールには世界各国の人々が集まるため、共通言語は必然的に英語になるというわけです。

「シンガポールで一番使われている言語は英語」といっても過言ではありません。

 

旅行で行くならまだしも、仕事でシンガポールに滞在するならば、ある程度の英語力は必要不可欠。

ビジネス面はもちろんのこと、食事や買い物など、生活面でも一苦労することでしょう。シンガポールの街では英語が飛び交っていますからね。

 

海外で働くというのは、きらびやかなイメージの反面、慣れない環境でストレスを抱えてしまう人が多いのも事実。

そういったストレスに、言葉が通じないというストレスが加わると、せっかくの海外勤務も苦痛でしかありません。

もし、あなたがシンガポールで働くことが決まったのならば、一刻も早く英語の勉強を始めることをおすすめします。

 

英語ができないことによるデメリットは?

英語ができないことによるデメリット

シンガポールで仕事をするなら「英語ができないとマズイ」とお伝えしてきました。

それでは、英語ができないことでどんなデメリットが生じるのでしょうか?詳しく見てみましょう。

英語ができないと交渉で損をする

シンガポールには様々な国の人が集まっているので、仕事でも英語が使われる場合がほとんどです。

ですので、英語力が低かったせいで、取引が成立しないということも起こりえます。

たとえば、訪問先で自社の企画内容をプレゼンするシーン。英語のプレゼンがうまく行かずに交渉失敗、、、なんてこともよくある話。

クライアントから質問をされても、自分の言葉で答えられない歯がゆさも感じることでしょう。

 

また、クライアントと対等に話せないというデメリットも・・・(これは私が過去に何度も経験ししました。)

 

例えば、あなたがほとんど英語を話せなかったとします。

真剣に話を聞いてくれる優しいビジネスマンも存在しますが、英語を話せない人を”子ども扱い”するような人がいるのも事実。

まるで子供と話をしているかのように態度をガラッと変えてくる人がいるんですよ…(本当にやめてほしい!)

 

反対に、英語が話せる人同士は打ち解けるのも早く、それだけ深い話もできてしまいます。その分、相手から信頼を勝ち取るのも早いのです。

 

同僚と打ち解けるのに苦労する

英語ができないと、仕事上の取引はもちろん、同僚との付き合いでも損をする可能性が高いです。

海外のオフィスでは、色々なイベントが催されることが多く、ここでは社員同士が親しくなる絶好のチャンスでもあります。

しかし、英語ができないために同僚と満足に話せなかったり、何を言っているのか分からず苦笑いでごまかしていたら、せっかくのチャンスも台無しです。

最大のコミュニケーションである「英語」を話せないのは、致命的であると言わざるを得ません。

英語を使ったコミュニケーション

 

シンガポールで英語ができると断然お得!

シンガポールで英語ができると、間違いなく仕事で有利になります。

自分の言葉でクライアントと商談することもでき、スムーズな信頼関係を築くことができます。

対等にビジネスの話ができるので、「見下される」「子ども扱いされる」など…悔しい思いをしなくて済みます。

 

また、シンガポールは世界各国からたくさんの人がビジネスのために集まってきています。ですので、レストランやバーで他社の人と出会う機会も多いです。

そんな時に、英語で交流できたら、思いがけないビジネスチャンスを掴むことができるかもしれません。

最近では、世界中の投資家がシンガポールに滞在しているため、彼らと知り合うことで有益な情報を得ることだって夢じゃありません!

 

そして、英語ができれば職場の同僚と早く打ち解けることもできます。

何かトラブルが発生しても、互いに協力して助け合うことができ、仕事のパフォーマンスも向上します。

 

 

【緊急】シンガポールに行く前に”短期集中”で英語を身に付るなら

  • 余計なストレスを溜めない
  • ビジネスで損をしない
  • 人間関係で苦労しない

といった点で、シンガポールで働くなら英語は必須。

 

もしあなたが「英語ができない」のであれば、短期間で英語力を底上げすることをオススメします。

では、短期間でビジネスで通用する英語力を身に付けるためにはどうすればいいのか?

その方法をこれからシェアしたいと思います。

 

今すぐシンガポールに赴任しないといけない場合

「もう時間が残されていない!」というあなたは、オンライン英会話を利用することをオススメします。

オンライン英会話であれば、日本にいようがシンガポールにいようが、ネットさえ繋がっていればいつでもレッスンを受けることができますからね。

 

他にもオンラインレッスンは、

  • 早朝や深夜でもレッスンを受けることが可能
  • 英会話スクールに通うよりも価格が安い
  • マンツーマンでレッスンを受けられる

というメリットがあります。

 

「今すぐシンガポールに向かわねばならない…」そんな状況のあなたは、オンライン英会話で英語を学びましょう。

 

シンガポールに行くまで3ヶ月以上時間が残されている場合

シンガポールに行くまでまだ猶予がある場合、短期集中型の英会話スクールに通うことをオススメします。

関連記事:最短3ヶ月でビジネス英語をマスターできる英会話スクール3選

 

 

短期でビジネス英語をマスターできると評判なのが、ライザップイングリッシュ。

ライザップといえば、ダイエットのイメージが強いかもしれませんが、実は英語教育にも力を入れていて、短期間で確かな英語力が身につくと話題を集めています。

 

ざっくり特徴をあげるとこんな感じです↓

★受講生のレベルや弱点を明らかにして、1人1人に合ったカリキュラムを作成してくれる

★専属トレーナーがあなたの学習管理を徹底してくれるので、一人で勉強するのが苦手な方でも安心。

★ライフスタイルに合わせた最適な学習スケジュールを提案してくれる。

★TOEIC900点以上の優秀なトレーナーが英語学習を総合コンサルティング。効率よく学習できるのでわずか3ヶ月でビジネス英語が身に付く。

★週2回の英語力テストであなたの弱点を洗い出し、オーダーメイドのレッスンを組んでくれる。

 

シンガポールに行くまでの短期間で英語力を身に付けたい方には、短期間で効率よく英語力を身に付けられるライザップイングリッシュがドンピシャでしょう。

ライザップイングリッシュの無料カウンセリングを予約する ⇒

 

 

シンガポールのビジネス街

さて、「シンガポールで仕事をするのに英語は必要?」というテーマでお伝えしてきました。

ビジネス面はもちろん、プライベートや生活面でも英語ができるに越したことはありません。

シンガポール生活を満喫するためにも、英語学習に力を入れてみてはいかがでしょうか?今からでも十分間に合います!