【徹底比較】プログリットVSライザップどっちを選ぶのが正解なのか?

Pocket

プログリットとライザップ、どっちのスクールがオススメなのか?…

公式サイトを見ただけでは、どちらの方が優れているのか、判断するのが難しいですよね。

 

ライザップVSプログリット【比較表】

  ライザップ プログリット
受講期間 2~3ヶ月 2~3ヶ月
学習時間 3時間/日 3時間/日
レッスン 50分×週2回 なし
面談 1回/月 1回/週
講師 日本人 日本人
受講形式 通学 通学
オンライン
入学金 5万円 5万円
授業料 45万円 46万8千円

プログリットとライザップ、内容が似ていてどっちが良いのか分からない…!

 

という事で…当記事ではプログリットとライザップの特徴を

  • レッスンの質
  • 講師の質
  • 料金
  • サポートの充実度
  • 校舎のアクセス

という観点から徹底比較した結果をお伝えしていきます!

スクール選びに失敗したくないという方は、これからお伝えする比較結果を参考にしてみてください。

 

プログリットVSライザップ【レッスンを比較】

まずは、レッスン内容を比較してみましょう。

プログリットは面談のみ

プログリットはレッスン(授業)を行いません。「レッスンを行わないで、何をするの?」と思いますよね。

プログリットでは、レッスンではなく面談を行うんです(週に1回)。この面談では、次の1週間「どうやって英会話を学習するのか」を指導してもらえます。

 

面談開始

小テストで実力チェック

生徒の弱点、つまづいている部分はどこなのかを分析

それに基づいて最適な学習方法を1対1でコンサルティング

来週の学習スケジュールをプランニング
(1時間刻みの綿密なプラン)

生徒のレベル、弱点を考慮した宿題を作成

面談終了

コンサルしてもらった学習方法、スケジュール、宿題を実践

 

上記のような流れで学習を進めていくので、無駄をなくした正しい学習サイクルに乗っかることが出来ます。

また、英語学習の本質を学ぶことができるので、プログリットを卒業した後も、効率的な学習を継続できます。

 

ライザップは面談+レッスン

ライザップは面談に加えて「レッスン」を受けることもできます。ここが、プログリットとの大きな違いです。

レッスン開始

小テストで実力チェック


生徒の弱点、つまづいている部分はどこなのかを分析

それに基づいて最適なレッスンを提供

マンツーマンレッスンで苦手を集中的に克服

次のレッスンまでの学習スケジュールをプランニング

生徒のレベル、弱点を考慮した宿題を作成

レッスン終了

コンサルしてもらった学習方法、スケジュールを実践

専属のトレーナーと1対1でレッスンを受講できるのはもちろんの事、レッスンが無い日の家庭学習の内容までオールプランニングしてくれます。

「とにかく結果を出したい」、「学習効率を最大化したい」と考えている方には打って付けのサポートが整っています。

 

どっちのレッスン(面談)がオススメ?

結論、「ライザップの方がオススメ」というのが筆者の見解です。その理由は…↓

プログリットで教えてくれるのは「勉強のやり方」。毎週の面談を通して、生徒が最速で結果を出せるようにアドバイスや学習計画を立ててくれる。ただ、レッスンが行われないため「物足りない」と感じる可能性もある。

「どうせスクールに通うならレッスンも受けたい」と思った方は、週2回レッスンを受けられるライザップイングリッシュを選ぶと良い。ライザップなら、【面談】+【レッスン】というWサポートを受けられるので心強い。

 

プログリットVSライザップ【講師を比較】

英会話スクール選びにおいて、誰が教えてくれるのかは重要なポイントですよね。プログリットとライザップではどんな講師が教えてくれるのかを比較しました。

プログリットの講師は全員ビジネス経験あり

プログリットの講師は全員TOEICで800点以上のハイスコアで、さらにビジネスの世界で英語を使用した経験がある方だけが採用されています。

TOEICで高いスコアを取っているだけだと、「知識だけはあるけど、実戦で使える英語を理解しているのかな」と思いますよね。

だからプログリットでは、ビジネス経験がある人だけを講師として採用しているワケです。

ライザップの講師は「採用倍率25倍の難関」を突破したエリート

プログリット同様、ライザップの講師は全員TOEIC800点以上です。

ライザップは「講師の質」にこだわっており、【能力】、【指導力】、【人柄】の3方面で総合的に優れている方だけを採用しています。

だから、採用倍率はなんと25倍。どの講師に当たっても高水準の指導を受けられるので安心です。

どっちの講師がオススメ?

結論、プログリットとライザップ、どちらの講師もオススメです。

両スクールとも優秀な講師のみを採用しているので、優劣をつけるのは難しいです。

ただ、あなたが「ビジネス経験のある講師から指導してもらいたい」と考えているならば、プログリットの講師がオススメです。

なぜならプログリットの講師は全員ビジネス経験を持っているからです。

 

プログリットVSライザップ【料金を比較】

プログリットとライザップ、料金を比較してみましょう。

  プログリット ライザップ
入会金 50,000円 50,000円
2ヶ月コース 328,000円 328,000円
3ヶ月コース 468,000円 450,000円
全額返金保証

料金が安いのはどっち?

結論から言うと、ライザップの方がやや安上がりです。

両スクールの授業料に大差はありませんが、プログリットは別途教材費や、オンライン英会話の受講費を支払う必要があります(5千~1万円程度)。

そのため、少しでも費用を抑えたいと考えている方には、ライザップがオススメです。

 

両スクールとも、全額返金保証付き

プログリットもライザップも返金制度がキチンと整っています。

というのも、初回面談から30日以内なら、無条件で全額返金保証を受けることができるからです。

入会してから「思っていたのと違うな…」と感じた場合、レッスンを受けた分も含めて「全額」返してくれるので損することはありません。

 

プログリットVSライザップ【サポートを比較】

続いては、プログリットとライザップのサポートを比較してみましょう。

プログリット、ライザップ、どちらも業界トップクラスのサポート体制を誇っています。

レッスンが無い日の家庭学習のサポート、疑問が生じたときにいつでも気軽に学習相談できるサポートなど…どちらも充実したサポートを取り揃えていまね。

プログリットとライザップのサポート内容

プログリットとライザップで共通するサポート内容は以下の通りです↓

◎オリジナルカリキュラム
個人のレベルに合わせたカリキュラムを作成してくれる。弱点や伸びしろを分析して、最適な学習戦略をメイクしてくれる。

◎宿題制度
個々のレベルに応じて1日3時間の宿題が課される。毎日「やるべきこと」が明確になるので、一切の迷いなく突き進むことが出来る。

◎学習相談サポート
疑問点はメールで質問し放題。また、シャドーイングをボイスメッセージで送付し、講師に添削してもらうこともできる。

◎個別面談
弱点や伸びしろを客観的な数値で分析。「何を」「どれくらい」やれば良いのか?など…コンサルタントが最短で結果を出すためのロードマップを示してくれる。

専属コンサルからの学習指導
毎日の学習内容をメールで報告し、フィードバックやアドバイスを貰うことが出来る。常に正しい方法で勉強できるので無駄が無い。

 

サポートが充実しているのはどっち?

どちらも似たようなサポート内容で、どちらが優れているのか判断するのが難しいですね。

ただ、プログリットとライザップのサポートには、1つだけ大きく異なる点があります。それは、レッスンの有無です。

先ほどもお伝えしたように、ライザップであれば、学習コンサルに加えてレッスンも受けられます。

 

ライザップのレッスンでは、独自のメソッドで『英語脳』を作り出すトレーニングを行っていきます。

その内容の一部をお伝えすると…↓

  • 高速レスポンス特化型トレーニング・・・1秒1単語のハイペースで、「英語⇔日本語」に翻訳していくトレーニング。最初は脳が付いていけずハードに感じるが、慣れてくるとスムーズに翻訳できるようになる。このトレーニングを積むことで、瞬時に英語を理解し、発言する実践的な英語が身に付く。
  • 大量暗記/反復トレーニング・・・重要な語句や文例を大量に暗記していくトレーニング。繰り返し何度も反復していくので、記憶が定着しやすい。短期間でボキャブラリーを飛躍的に強化できる。

どちらも充実したサポート内容を受けられることは間違いありません。ただ、「優秀な講師から直接レッスンを受けられる」という点で、ライザップがやや上回っていると言えるでしょう。

 

プログリットVSライザップ【校舎のアクセスを比較】

どんなに自分に合うスクールを選んでも、通学に2時間以上時間を掛けるのは、効率的ではありません。

ここでは、プログリットとライザップの校舎一覧をまとめていますので、職場や自宅から通いやすい方を選ぶことをオススメします。

プログリットの校舎一覧

■東京…六本木、秋葉原、池袋、赤坂見附、渋谷、新宿、新橋、有楽町
■大阪…西梅田、阪急梅田、名古屋、
■神奈川…横浜

ライザップの校舎一覧

■東京…銀座、渋谷、池袋、新橋、新宿、新宿御苑、日本橋、秋葉原、赤坂見附

ライザップは都内にしかスクールが存在しません。大阪、名古屋、神奈川にお住まいの方はプログリットがオススメです。

 

プログリットVSライザップ【結局どっちがオススメなのか?】

プログリットとライザップを、「レッスン」「講師の質」「料金」「サポート」「校舎」の各側面から比較してきました。

最後に、「プログリットとライザップのどちらがオススメなのか?」をお伝えしていきます。

プログリットがオススメな方

★週に何度も通学するのが難しい方

プログリットは、校舎に通うのは週に1回(面談の時)だけでOKです。仕事の都合が付かず、週に2回、3回と校舎に通えないという方は、プログリットがオススメ。

★ビジネス経験のある講師から学びたい方

プログリットの講師は、全員ビジネス経験を持っています。ビジネスで使われる英語だったり、英語圏特有のマナーなどを熟知しています。「ビジネス経験のある講師に、マンツーマンで指導をしてもらいたい」と考えている方はプログリットがオススメ。

★独学で伸び悩んでいる方

独学で伸び悩んでいる方は、「正しい方法」で勉強できていない可能性が高いです。プログリットでは、学習コンサルタントが、効率的な学習方法を手取り足取り指導してくれるので、独学の伸び悩みを解消することができます。

ライザップがオススメな方

★学習指導からレッスンまで、全面的にコンサルして欲しい方

ライザップは、「カリキュラムの作成」「レッスンが無い日の学習計画」「宿題」「メール相談サポート」「オリジナルレッスン」など…あなたの学習を全面サポートしてくれます。確実に、そして効率的に結果を出すことができます。

★継続するのが苦手な方

継続が苦手な方はライザップに通うことをオススメします。ライザップは、週2回のレッスンと月1回の面談で、専属トレーナーと顔を合わせることになります。また、学習進捗は毎日のようにチェックされることになります。サボりたくてもサボれない環境が整っているので、3日坊主になることはまずありません。

★とにかく短期間で結果を出したい方

ライザップは”短期集中で結果を出す”をテーマに掲げるスクールです。短期でも結果が出るように、生徒の弱点、伸びしろを加味したオリジナルレッスンが展開されます。効率的に弱点を潰し、最短で結果を出したいと考えているのであれば、ライザップがオススメです。

 

無料カウンセリングで決着をつける

あなたが、どっちのスクールを受ければ良いか迷っているのならば、一度無料カウンセリングに足を運ぶことをオススメします。

 

引っ越しで新しい物件を探す時、必ず部屋の内装を確認しますよね?英語スクール選びもこれと同じです。

公式サイトやネット上の情報だけでは分からない「講師の人柄」「具体的なカリキュラム」「校舎の雰囲気」などを、無料カウンセリングで確認しましょう。

カウンセリングに足を運ぶのは、確かに手間がかかります。しかし、その行動力が将来の成功を生み出します。

本気で英語を身に付けるべき理由があるならば、今すぐその一歩目を踏み出しましょう。

 

プログリットの無料カウンセリングを予約する ⇒

 

 

ライザップイングリッシュの無料カウンセリングを予約する ⇒