NHKの実践ビジネス英語は効果あるのか?オススメの勉強法がこれ↓

Pocket

独学をしているあなたにオススメなのがNHKの実践ビジネス英語。

 

正しい使い方をすれば、この教材で英語力をグンっと高めることができます。

 

そこで、当記事ではNHKの実践ビジネス英語の

  • 効率的な学習法
  • そもそも効果はあるのか?
  • 効果が出るのにどれくらい時間が掛かるのか?
  • デメリットは?

といったテーマでお伝えしていきますので、あなたの英語学習の参考にしていただけると嬉しいです。

 

それでは、ご覧ください!

 

NHKの実践ビジネス英語のオススメ勉強法は?

NHK実践ビジネス英語の勉強法

NHKの実践ビジネス英語ですが、使い方を間違えると全然英語が上達しません!

 

実践ビジネス英語を使って効果が出ている人は、どんな勉強法をしているのでしょうか?

これからお伝えしていきます。

 

まずはダウンロード(ストリーミング)

NHKの実践ビジネス英語を使って勉強する場合、放送内容をダウンロードしておくことをオススメします。

  • 家で毎日録画しておくのが面倒くさい
  • 何度も繰り返し聴きたい
  • 通勤時間で勉強したい

といったニーズを満たすことができますよ。

 

ダウンロード方法でオススメなのが、次の2つの方法です。

 

①ダウンロードチケットを購入する

NHKは「ダウンロードチケット」というものを販売しています。

こちらは、月200円でNHKの語学講座をダウンロードし放題。

お金がかかるのがネックですが、無制限にダウンロードすることができるのでオススメです。

 

②「NHK語学」というサイトを活用する。

「NHK語学」というサイトから、過去の配信を再生できます。

こちらは、ダウンロードすることはできないのですが、再生するのは自由。

このサイトに飛べば、何度でも音声を再生することができます。

スマホアプリもありますので、通勤時間で過去の配信を聴くのも良いですね。

 

ディクテーションする

さて、具体的な勉強方法をお伝えしていきます。

 

実践ビジネス英語の勉強法でオススメなのが、「ディクテーション」です。

(※ディクテーションとは、聞き取った英語をそのまま文字に起こしていく作業です。)

 

 

結果を出している人は、必ずと言っていいほどディクテーションをやっています。

 

英語を勉強している方のブログを読んでも、

「実践ビジネス英語で勉強するなら、ディクテーションをやりましょう。」とイチオシしています。

 

やり方はいたってシンプルで、ノートに書いてもいいですし、パソコンでタイピングしてもOK。聴き取れた英語をひたすら文に書き起こしていきます。

 

普段、何となく英語を聞き流している方は、このトレーニングをすることでリスニングの伸び悩みを解消できることでしょう。

 

そんな、リスニング力UPに有効なディクテーションですが…

これ、かなり時間がかかるんです!

 

NHKの実践ビジネス英語の放送時間は15分ほどですが…

これを書き起こすとなると1.5~2時間くらい時間がかかってしまうのです。

 

慣れてくると時間を短縮できますけどね!

 

 

この非常に面倒くさい、かつ地道な”ディクテーション”ですが…

NHKの実践ビジネス英語で成功している人は、ほぼ確実にこれを行っています。

 

それくらい、価値のある勉強法であることを意味しているのではないでしょうか。

面倒だし、時間もかかる…だけど、踏ん張って継続すれば大きな成果を生むのです。

 

音読とシャドーイング

ディクテーションで”リスニング力”を鍛えた後は、アウトプットをしましょう。

 

そこでやるのが、音読とシャドーイングです。

(TOEIC900点以上の上級者の方は、音読は飛ばしてOK.)

 

ディクテーションが終わった後、音読10回、シャドーイング10回を目安に行いましょう。

 

1週間の学習プランとしては、こんな感じです。↓

 

 

月:放送日⇒ディクテーション

火:音読&シャドーイング

水:放送日⇒ディクテーション

木:音読&シャドーイング

金:放送日⇒ディクテーション

土:音読&シャドーイング

 

 

と、このように日々淡々と決まった勉強をこなしていくことが大切。

ディクテーション、音読、シャドーイングをバランスよくこなすことで、英語力を向上させることができます。

 

NHKの実践ビジネス英語は「3年以上続けないと効果がない」

NHKの実践ビジネス英語は継続が命

さて、実践ビジネス英語を活用した勉強法についてお伝えしてきました。

 

この勉強法を続ければ、あなたの英語力は確実に伸びていくことでしょう。

 

しかし・・・1つ重大な問題点があります。

それは、実践ビジネス英語は「数年以上継続しないと効果が出ない」ということ。

 

利用者の感想や、体験談を見てみると「3年以上続けている」という方が多かったです。

 

そんなに時間がかかるの???って、驚きですよね。

そして、「3年以上も続けられるかな…」と不安な気持ちになりますよね。

 

どんなに眠い日も、サボりたい日も、のんびりしたい休日も…

毎日コツコツ3年間継続した者だけが、成功を手に入れられる…

 

かなりハードな道が待っていそうです。

 

実際、独学とほとんど変わりませんし、ほとんどの人が1カ月もせずに辞めてしまっているのではないでしょうか。

 

NHKの実践ビジネス英語のデメリット

NHKの実践ビジネス英語のデメリットは2点あります。

①レベルが高い

NHKの実践ビジネス英語は、正直かなりハイレベル。

TOEICのスコアは最低でも800点以上は必要でしょう。

 

  • 専門分野の英語も理解できる。書き手の意図を明確に理解できる。
  • TPO(時と場所)に即して、適切な言葉を使い分けることができる。
  • 文章作成のテクニックや接続表現などを効果的に使える。

元からこれくらい英語ができる人でないと、NHKの実践ビジネス英語を有効活用するのは難しいかもしれません。

 

②実践的な英語が身に付かない

NHKの実践ビジネス英語…

 

そのレッスン内容は、「社会・経済・文化など、旬な話題を英語で語る」といったものです。

 

『ビジネス英語』と書いてあるけれど、実は商談や会議、営業などで役立つビジネス英語は学べないんです(笑)

 

「社会問題を英語で議論する」

これが主なレッスン内容となっていますので、実践的な英語を身に付けたい方には向いていない教材かもしれません。

 

ビジネス英語を身に付けるならプログリット

実践的なビジネス英語

ここまでNHKの実践ビジネス英語についてご紹介してきました。

 

数十年続いてきた、歴史ある教材であることは間違いありません。

しかし、それゆえ学習法が”古い”のも事実。

 

最新の学習法に基づいて、短期間でビジネス英語を身に付けたいなら”プログリット”という英語スクールがお勧めです。

 

こちらは

  • レベルにあったレッスンが受けられる
  • 最新の学習法(第二言語習得論)に基づいた学習を行える
  • 現場ですぐに使える実践的な英語が身に付く
  • 結果が出るまでのスピードが早い

 

こんなメリットがあります。

 

しかも、あなたに専属のコンサルタントが付いて、なんと毎日あなたの学習をサポートしてくれるのです。

 

他の英会話教室とは、「講師の質」と「サポートの充実度」が違うため、本気で英語を身に付けたいと考えているあなたにピッタリのスクールですよ。

 

よくあるのは、ビジネス英語を学びに来たのに、講師のビジネス経験が無いというパターン。

これは、野球を知らない人に野球を教えてもらうようなもの。テキストに沿って、淡々と授業を進めるだけで、適切なアドバイスをもらうことができません。

 

その点プログリットは、TOEIC900点でビジネス経験のある講師が在籍している点が心強いです。

現場で使える実践的な英語を、効率よくレクチャーしてもらえるわけです。

 

そんなプログリットですが、費用はそれなりにします。

プログリットの料金|詳細はこちら

 

ただし、

「3ヶ月で、即戦力の英語が身に付く」

「正しい英語学習法を身に付けられるので、今後英語教室に通う必要はなくなる」

といった点を考慮するといコスパは最高と言えるでしょう。

 

ラジオ講座とかだと、お金が掛からない代わりに時間が掛かりますからね。

その時間をお金で買うイメージです。

 

普通の英会話スクールだと、ビジネス英語を習得するのに2~3年は掛かります。

月2万円でも、3年通えば70万近くの費用が掛かります。

 

それなら、3ヶ月でさくっとビジネス英語を身に付けちゃいませんか?

 

そんなプログリットですが、無料カウンセリングを行っています。

「物は試し」まずはカウンセリングを受講することをオススメします。

チャンスを逃すのは損。無料で受講できるので今すぐ予約をして、3ヶ月で即戦力のビジネス英語を身に付ける、そのスタートダッシュを切りましょう!

 

プログリットの無料カウンセリングを予約する ⇒