英会話スクールに通うならネイティブ講師はやめとくべき!その理由は?

Pocket

 

最近、日本人講師から英語を学ぶ人が増えているのをご存知ですか?

 

大手の英会話スクールでも、講師全員が日本人講師であることを売りにしている英会話スクールもあるくらいです。

 

この記事では、

  • ネイティブ講師から英語を学ぶメリットとデメリット
  • なぜ、日本人講師から学ぶべきなのか?

と言った点をお伝えしていきます。

ぜひ英会話スクール選びの参考にしてみてください。

 

 

ネイティブ講師から英会話を学ぶメリットは?

ネイティブ講師から学ぶメリット

英語を母国語とするネイティブから英会話を学べば、自然な英語が身につきそうですし、上達も早そうなイメージがありますよね。

 

「英語を学ぶのならば絶対にネイティブ講師がいい」というこだわりを持っている人は今でも多数います。

 

いつの時代でも英会話スクールにおいてネイティブ講師が人気なのには、2つのメリットがあるからです。

 

では、その2つのメリットとはどういったものなのでしょうか?

 

本場の英語に触れられる

ネイティブ講師から英会話を学ぶメリットといえば、何と言っても本場の英語に触れられることではないでしょうか。

 

英語が母国語のネイティブ講師は、発音やイントネーション、スピードも正真正銘、本物の英語です。

 

どんなに英語が流暢な日本人でも、やはりネイティブが話す英語の本物さにはかないません。

 

レッスン中に本場の英語を聞くことができるので、ネイティブ講師のレッスンを受けるようになってからリスニング力が上がる人が多いです。

 

また、ネイティブからはテキストには載っていない言い回しやスラングも教わることもできます。

 

私たちが日本語の参考書などを見たときに「こんな言い回しは今しない」と感じることがあるように、ネイティブ講師もテキストに載っている英文に違和感を感じることが多々あるそうです。

 

その際に、よりナチュラルな言い回しなどを生徒に教えられるのもネイティブ講師の強みといえます。

 

他にも英語だけでなく英語圏の考え方や生活習慣、カルチャーなどについても聞くことができ、欧米文化に興味がある人には英会話以外の楽しみもあります。

 

 

英語のシャワーを浴びることができる!

ネイティブ講師がいる英会話スクールの多くは、レッスン中、日本語の使用を禁じています。

ですので、レッスン中は講師の話す内容を集中して聞き取らなければいけませんし、英語で伝えないといけません。

 

質問する時も、もちろん英語です。

 

英語しか使えない環境が英会話の上達に効果的なのは有名ですよね。

 

実際に筆者自身も語学留学をしていた時、クラスメイトに日本人がいませんでした。

授業中はもちろん、日常生活を過ごす上でも英語のみしか使えない環境だったのです。

苦労はありましたが、日本人が周りにいた他の学生よりも英語力を伸ばすことができました。

 

ネイティブ講師のレッスンでは、このように英語を聞いて話さないといけない状況に自分を追い込めることができ、英会話力のスキルをアップすることができます。

 

ネイティブ講師から英会話を学ぶデメリット

ネイ底部講師から学ぶデメリット

ネイティブ講師から学べば、本場の英語に触れられて英会話スキルを伸ばすことができるメリットがある一方、ネイティブ講師だからこそのデメリットもあるのです。

 

「ネイティブに教われば、間違いなく英会話は身につく!」と過信していると、思わぬ落とし穴に落ちてしまうかもしれません。

 

そうならないためにも、ネイティブ講師から学ぶデメリットをご紹介していきます。

 

文法など複雑な説明が理解しにくい

ネイティブ講師は英語で授業を行います。

質問の回答なども全て英語です。

 

 

そうなると、英語がたくさん聞けるといったメリットもありますが、肝心な授業や回答の内容、説明が何を言っているか分からないということも起こりえます。

 

特に、文法などの詳しい説明をしっかり理解するのには英語の説明だけというのは少々ハードルが高いです。

 

実際に筆者も留学していた頃、文法の授業が一番辛かったのを今でも覚えています。

先生の話す英語を聞き取り、授業に付いていくだけでいっぱいいっぱいでした。

ですので、文法のクラスの前後には必ず日本から持ってきた参考書で予習・復習をしていました。

 

説明や質問の答えが全く理解できないというのは、英会話レッスンを初めて受ける人や初心者の人にとっては、なかなか辛い状況です。

せっかく勇気を出して質問しても、ネイティブ講師の英語が聞き取れなくて分からないなんて、ちょっと悲しいですよね。

 

講師の言っていることが分からないままで終わってしまうと正しい英語も身につきません。

そのままレッスンを続けていると英語で話すことには慣れているけど、実際に話している英語は文法などがハチャメチャという結果になってしまう危険性があります。

 

ネイティブ講師がただのネイティブ

レッスン料が安いスクールにありがちなことですが、母国語が英語なだけで英語を教えるスキルが低い、もしくは全くないネイティブ講師が在籍しているケースがあります。

 

確かに発音やアクセント、言い回しなどは本場の英語であることには違いはありませんが、講師自身に教えるスキルがなければ生徒の力も伸びません。

 

教えるスキルのない講師のレッスンでは、ただ何となく英語を話しているだけで、ひどい場合だと発音や文法などの間違いもスルーされてしまうことがあります。

これでは、せっかくスクールに通っている意味がありません。

 

講師としての実績やトレーニングを積んでいないネイティブ講師のクラスを受けるくらいならば、英会話喫茶などで話している方がマシだったということも実はよく聞く経験談なのです。

 

ネイティブ講師のレッスンは必要以上に緊張する

ネイティブ講師のレッスンを受けたことがある人の中では必要以上にレッスンに緊張してしまったという人も多いのではないでしょうか?

 

筆者もその1人です。

 

講師と仲良くなって慣れてきたら緊張も和らぎますが、慣れるまでの緊張はひどくて普段なら出てくる単語も出てこず、ただただ苦笑いと相槌で誤魔化してしまう経験が過去に何度かありました。

 

特に日本人は比較的シャイな気質で、かつ英語で話すことや英語の発音に苦手意識を持ちがちです。

そこに緊張が加わるとレッスンで本来持っている力を発揮するのが、より難しくなります。

 

こういった日本人の気質や苦手意識を理解しているネイティブ講師に当たれば、うまくフォローしてくれますが、前述のような「ただネイティブ」なだけの講師だとそのまま放置され、あたふたしている間にレッスンが終わってしまいます。

 

 

日本人講師から英会話を学ぶメリット

以前は「英会話スクール=ネイティブ講師」というのがメジャーだった日本の英会話スクール業界でしたが、最近では日本人講師が教える英会話教室が増えてきています。

 

これは英会話スクールが飽和化し、私たち学ぶ側の目も肥えてきたことで、ネイティブ講師のデメリットに気づき始めたのが一因なのではないでしょうか。

 

日本人講師から学ぶメリットはたくさんあり、また、今まで私たち日本人が陥りがちだった英会話の失敗を防ぐことができます。

 

今、英会話のスランプに陥っているという人は、日本人講師から学ぶことも検討してみてはいかがでしょうか。

スランプ突破のとっかかりになるかもしれません。

 

疑問がすぐに解決し、しかも説明が分かりやすい

日本人講師だとレッスン中に質問があったらすぐに日本語で質問し説明を聞くことができます。

 

中には日本人講師のクラスでも、レッスン中は日本語禁止のスクールもありますが、その場合でもレッスン後に日本語で質問できるスクールがほとんどです。

 

日本人講師は生徒と母国語が同じだからこそ、生徒が疑問に思う点などを理解しており、教え方や説明の仕方も上手いです。

 

 

特にTOEICなどの資格試験を目的にしている場合は、日本語講師に教わる方が解説も詳しく聞けて、試験対策に効果的ですよ。

 

 

英語学習の経験者である

英語圏で生まれ育ったという講師でない限り、多くの日本人講師は英語学習の経験があります。

これはネイティブ講師との大きな違いです。

 

母国語でない英語を1から学び習得し、他人に教えるまでのスキルを得るのには、長い学習時間を要します。

勉強熱心な日本人講師の中には、文法などの知識はネイティブよりも上だという場合もあるぐらいです。

 

また、どんな優秀な人でも、英語を勉強しているとスランプに陥ることがあります。

「英語を何時間も勉強しても話せるような気がしない」と落ち込んでしまった経験は、みなさんはありませんか?

 

そんなスランプの時でも、日本人講師ならば同じく学習経験あるからこそ、生徒の悩みや疑問にも理解や関心を持って接することができるのです。

英語が母国語のネイティブ講師では、そこまでのフォローはなかなか難しいです。

 

日本人講師は、私たちにとって頼れる英語学習の先輩と言っても過言ではありません。

 

 

日本人同士だからリラックスできる

日本人講師だとレッスン中に質問をする時でも、日本語で聞くことができるので緊張する必要がありません。

 

ネイティブ講師のレッスンの場合、何か質問があっても、その質問を英語で聞かなきゃいけないという緊張感が常にありますが、日本人講師のレッスンだとそういった緊張も無用です。

 

もちろん英会話スクールのレッスンですので、日本語ばかり話すのはタブーですが、疑問があった時に日本語ですぐに聞けるというのは安心ですよね。

 

講師も、同じ日本人として日本人の気質や苦手意識は十分に理解しているので、その点でも安心してレッスンを受けることができます。

 

 

本気で上達したいなら、マンツーマンの英会話スクールがオススメ

マンツーマンレッスン

日本人講師から英会話を学びたいと思い、スクールを探している人にとって、マンツーマンの英会話スクールにするか、グループレッスンのスクールにするかどうかは悩みどころなのではないでしょうか。

 

結論から言いますと、断然マンツーマンの英会話スクールをおすすめします。

 

なぜならば、マンツーマンの英会話スクールはメリットだらけだからです。

 

話せる時間が長い

英会話の上達のコツは話す時間の長さです。

マンツーマンレッスンは、当然のことながら生徒はあなた一人。

 

同じ50分のレッスンでも、マンツーマンレッスンとグループレッスンだと話せる時間は大きく異なります。

 

グループレッスンの場合、レッスン中に1人の生徒ばかりが発言して、他の生徒がほとんど話せなかったということが起こりやすいです。

 

その点マンツーマンレッスンだと、講師を独り占めできますし、他の生徒がいない分、たっぷり英語を話すことができます。

 

他の生徒の目が気にならない

マンツーマンレッスンは講師と生徒の二人きりなので、他の生徒の目を気にしなくてすむというのもメリットの一つです。

 

英会話に慣れていない時は、意外に同じ日本人の生徒の目が気になって萎縮してしまうという話はよく聞きます。

 

「発音に自信がない」「すぐに英語で返せない」「自分より英語が話せる人の前で英語を話すのが嫌」など、第三者の前で英語を話すのに抵抗がある人にとってマンツーマンレッスンはうってつけです。

 

質問があってもすぐに聞くことができますので、人の目を気にすることなく、自分のペースで英会話を学ぶことができますよ。

 

自分だけのオリジナルレッスン

マンツーマンレッスンは他に生徒がいない分、講師にリクエストすればレッスン内容をカスタマイズすることができます。

 

例えば

「来月海外旅行に行くから旅行英会話を教えて欲しい」

「次のビジネスミーティングに必要だからビジネス英会話を学びたい」

「英語の面接試験対策をして欲しい」

などといったリクエストにも、マンツーマンレッスンならば臨機応変に対応してくれます。

 

レッスンは、まさにあなただけのオリジナルレッスン。

そのため、英語が身につくスピードもグループレッスンの比ではありません。

 

日本人講師のマンツーマンレッスンは、これから英会話の勉強を始める人や、なんとなくの英会話でなく正しい文法でちゃんとした英会話を話したい人、また試験対策を目的としている人に効果的です。

 

日本人講師ならば、ネイティブ講師が見落としがちな点もしっかりフォローし、あなたの目的や目標が達成するよう導いてくれますよ。

 

ライザップイングリッシュが熱い!

日本人講師から学べて、なおかつマンツーマンレッスンを受けられる熱いスクールをシェアします。

そのスクールとは、「ライザップイングリッシュ」です。

 

こちらはTOEIC900点以上、留学経験ありの一流英語指導者から、個別でレッスンを受けられるのはもちろん、学習コーディネートまでもサポートしてもらえます。

 

  • 独学で失敗した経験がある
  • 1人だとモチベーションを維持できない
  • 一番効率の良い方法で勉強して行きたい
  • 今すぐ英語を身に付けたい

あなたがこのように考えているのであれば、ライザップイングリッシュ一択でしょう。

 

まずは無料カウンセリングを受講することをオススメしています。

あなたの英語力を高めるチャンスはまさに”今”しかありません。

 

予約が埋まりやすいので、お早めに日程だけでも抑えておくことをオススメいたします。

ライザップイングリッシュの無料カウンセリングを予約する ⇒

 

それでは、英語学習頑張っていきましょう♪