【疑問】ライザップ英会話、高い料金を払ってまで受けるメリットはあるのか?

Pocket

ライザップ英会話は、はっきり言って高いです。

 

高いお金を払ってまで受けるメリットってあるのだろうか?と思いますよね。

 

そんな疑問にこたえるべく、

・ライザップ英会話の料金っていくら?

・レッスン内容はちゃんとしてるの??

・受講するメリットは、そもそもあるの??

 

などをまとめましたので、是非参考にしてみてください。

 

 

ライザップの英会話には、2種類のコースがある!どっちを選べばいい?

ライザップ英会話のコース

ライザップの英会話には、2種類のコースがあります。

 

  • スピーキングコース …日常英会話を身に付けたい方
  • 英会話力養成コース …ビジネスで通用する英会話を身に付けたい方

 

英会話力養成コースの方がレベルが高く、TOEIC700点以上の方に人気のコースとなっています。

 

スピーキングコースの料金とレッスン内容

スピーキングコース

スピーキングコースは、日常英会話ができるようになりたい人におすすめのコース。

 

  • 英語の基礎はまぁまぁあるけど、話すのが苦手
  • そもそも英語の基礎ができていない

といった方を対象としています。

 

スピーキングコースの料金

スピーキングコースの料金は、以下の通り↓

入会金 50,000円
回数 受講期間 価格
25回 3カ月 450,000円

 

 

英語の基礎はあるけど話せない、という人

  • 大学受験である程度の英語力は身に付けた
  • TOEICの勉強で単語や文法など基礎力は養った

という人は、ライザップ英会話のスピーキングコースが合っています。

 

あなたのスピーキング能力に合わせてオリジナルのカリキュラムが組まれます。

英語を英語のまま理解できる脳みそを短期間で作り上げていきます。

 

具体的には、↓

「実践的な英語構文をインプット&アウトプットして、英会話で表現できる幅を広げる」

「瞬間英作文で、瞬時に英語が頭に浮かぶトレーニングを行う」

などのレッスンと自宅学習で、2~3カ月で日常英会話をマスターしていきます。

 

 

そもそも英語の基礎ができていない、という人

スピーキングコースは英語基礎ができていない人にも対応したコースとなっています。

基礎固めとアウトプットを徹底して鍛え上げていくからです。

 

なぜライザップ英会話が基礎固めを重視するのか?これには訳があります。

 

よくある話ですが・・・

英語の基礎が固まっていない人が1年間留学に行くと、、、どうなるかお分かりでしょうか?

 

 

「全然話せるようにならなかった」と嘆いているパターンが多いのです。

 

 

英語の基礎ができない状態で、ネイティブの英語をひたすら聞きまくっても、

 

  1. 70%は聞き取れない
  2. 聞き取れないことには、理解もできない
  3. 理解できないので、英語が上達しない

このような負のループに陥ってしまうわけ。

 

 

そこで、ライザップ英会話は

実践的な英語構文の暗記や、単語・文法の基礎固めを行っていきます。

 

正直、「2~3カ月でこんなに覚えるの???嘘でしょ!?」と驚くくらいの量は頭に叩き込むことになるでしょう。

 

ただ、その分数カ月で見違えるような英会話力のレベルアップを図ることができるのです。

 

 

英会話力養成コースの料金とレッスン内容

英会話力養成コース

こちらは、ビジネスで通用する英会話を身に付けるコースです。中級者向けなので、このコースを受けるならTOEIC700点以上あると好ましいです。

 

英会話力養成コースの料金

英会話力養成コースの料金は以下の通りです↓

入会金 50,000円
回数 受講期間 価格
17回 2カ月 328,000円
25回 3カ月 450,000円

 

 

英語を使ったコミュニケーションが得意になる

英会話力養成コースは、ビジネスで通用する英会話を短期間で身に付けることができます。

 

「海外出張に行くことになった」

「外国企業との取引に苦手意識をもっている」

「英語の会議で、自分の意見を発言できるようになりたい」

 

と考えている方にはピッタリのコース。

 

ライザップ英会話では、まさにビジネスの場で英語がスラスラ話せるようなトレーニングを行っていきます。

 

ビジネスで通用する英語が身に付く

また、英会話力養成コースは「ビジネス独特」の英語力も身に付けることができます。

※ここがスピーキングコースとの大きな違いです。

 

 

たとえば。。。

日本では、目上の人や初対面の人には敬語を使うことがマストですよね?

「です」「ます」での受け答えが基本。ため口を使うと「この人、失礼だな」という印象を与えてしまいますよね。

拳を握りしめる

 

英語圏でも同じように、マナーや礼節というものが存在します。

 

代表的なものとして

  • Please print out this form?(この用紙を印刷してください。)←日常英会話
  • Would you mind printing out  this form? (この用紙を印刷してください。)←ビジネス英会話

上記はどちらも同じ意味ですが、

 

ビジネスの場面で「Please」を使ってしまうと、

「あ、この人仕事できないな…」と切り捨てられてしまう可能性があります。

 

 

また、日本人はどうしても「5W1H(what, where, who, which, when, how)」を使いがち。

しかし、これもビジネスシーンでは使いすぎない方がよいフレーズ。上から目線な印象を与えてしまうからです。

 

 

他にも、

  • I think
  • and
  • but

はビジネスシーンでなるべく控えたいもの。こうしたNGな使用例なども身に付けることができます。

 

幸運なことに、多くの日本人はこうしたビジネス英会話を理解していないため、これを学ぶだけでその他大勢のビジネスマンと差をつけることが可能。

 

 

「この日本人は、一緒にいて不快な気持ちにならない」

「TPOをわきまえたコミュニケーションができるな」

など、相手からの印象をぐっと高めることもできます。

 

 

そのほか、

日常英会話 ビジネス英会話
 I thinks so, too. I agree with you.
I’m sorry. my apologies.

など、日常で使うような慣れ慣れしい表現と、ビジネスで用いる礼儀正しい表現との違いを学んでいく子ができます。

 

ですので、より実践的かつビジネスでも通用する英会話を身に付けたい人は、英会話力養成コースが合っているでしょう。

 

 

ライザップ英会話はどんなトレーニングを行うの?

ライザップ英会話のレッスン

次に、ライザップ英会話で行うトレーニングと、そこで得られるメリットについて見ていきましょう。

『瞬間英作文』 ⇒英語がパッと浮かぶようになる

瞬間英作文とは、日本語を瞬時に英訳するトレーニングのこと↓

例)仕事をしています ⇒ I am working.

 

やることはシンプルですが、

「英語を短期間で話したいのなら、真っ先に瞬間英作文をやれ」とも言われるくらい重要なトレーニングなんです。

 

ライザップ英会話では、瞬間英作文をひたすらやることで、瞬時に英文が頭に浮かぶようになってきます。

 

 

ディクテーション ⇒リスニング力が化ける

ライザップ英会話のカリキュラムに、「ディクテーション」というものがあります。

ディクテーションとは英語を聞いて、それを紙に書きだすというトレーニングのこと。

普通のリスニングであれば「聞いて終わり」ですが、ディクテーションは違います。

 

聞いた英文を、自分でもう一度書き出す必要があるのです。

書き出すためには瞬間的に英文を記憶しなければいけないし、同時にアウトプットもしなければいけないので、かなり負荷がかかります。

慣れるまではキツイですが、地道に続けることで英会話力が大化けする日が必ず来ます。

 

音読 ⇒英語を英語のまま理解できるようになる

ライザップ英会話は、1日3時間程度のシュクダイを出されます。

その課題の中に、「音読」が含まれています。

 

ライザップ英会話が音読を重視する理由は、「英語を英語のまま理解できるようになる脳」を作るためでしょう。

 

英語でコミュニケーションを取るとき、相手はわざわざゆっくり話してくれるでしょうか?

 

もちろん、そんなことはありませんよね。

 

突然意見を求められることもありますし、その時パッと英語で切り返せるようになる必要があります。

英語で会話を行う人々

 

そのためには、英語をいちいち日本語に訳している暇はありません。

 

 

そこで、音読が重要になってきます。

音読を繰り返し行うことで、英語を英語のまま理解できる脳ミソが鍛えられます。

 

また、音読で読んだ文章は頭の中にインプットされやすく、自然の流れで単語や文法も身に付けることが着るのです。

 

 

シャドーイング ⇒ネイティブの発音を身に付ける

ライザップ英会話のカリキュラムのひとつに、「シャドーイング」があります。

 

シャドーイングとは、英文を聞いて、少しタイミングをずらして復唱していくというトレーニング。

これを行うと、スピーキングとリスニングを同時に鍛えることができます。

 

何度も反復して極めれば、ネイティブの発音、アクセントや構文など…英会話に必要なスキルを一気に手にすることができます。

 

 

単語暗記 ⇒土台をガッチリ固める

「分からない単語は文脈から想像すればいい。」というセリフは、今となっては古い常識となりましたよね。

 

「英会話をマスターするならまず単語」、というのが新たな常識になりつつあります。

 

単語が分からないことには、

  • 文が読めない
  • 文を書けない
  • 聞き取れない
  • 話せない

といった具合に、英語が全く上達していきません。

 

ライザップ英会話では、鬼のような量の英単語を覚えていきます。

はっきり言って、楽じゃありませんよ。

 

しかし、楽じゃない分、非常に大きな見返りとして帰ってきます。

「単語が分からなくて、伝えたいことが伝えられない」

と感じていた方は爆発的に英語が伸びることは間違いありません。

 

構文暗記 ⇒表現の幅がグッと広がる

構文は、英語を形成する骨組みです。

だから、実践的な構文を脳にインストールしてしまうことが、英会話をマスターする近道なのです。

 

構文を知っているか?知っていないか?が英会話のレベルに大きな差を生むといっても過言ではありません。

 

構文は、ゲームでいう必殺技のようなもの。技の数が多ければ、バリエーションある攻撃を展開していくことができますよね?

 

これと同じです。知っている構文が多いほど、英語で表現できる幅も格段に広がるのです。

実践的な構文を脳ミソに「インストール」しておくことで、パッパッパッと、面白いくらいに英語が浮かんでくるようになります。

 

ライザップ英会話では、嫌になるほど構文を覚えます。しかも、毎日です。正直、海外生活をする以上の負荷がかかると覚悟した方がよいです。

 

ただ、先ほども言った通り、

 

負荷が多くてキツイ分、ちゃんと結果となって帰ってきますので2~3カ月だけ覚悟を決めて取り組むと良いでしょう。

 

 

ライザップの英会話を受講した人の評判

ライザップ英会話の評判

参考までに、ライザップ英会話の評判を掲載します。

 

料金は若干高く感じる者の、マンツーマンでカリキュラムもしっかり組まれています。
そして、何よりも専属トレーナーと「シュクダイ」のすり合わせもできるため、常に意識を高く持って学習を継続することができています。
それでも残念に感じてしまったのが、ネイティブ講師がいないことです。

 

 

英語が聞き取れるようになった実感があります。
海外のバスケットボールの試合を動画で見るのですが、これまでは映像がないと内容がわからなかったのが、今ではラジオのように音だけでもある程度試合展開をイメージできるようになりました。
リスニングは間違えやすいポイントなどを丁寧にレクチャーしていただいています。
例えば、細かい英語ならではのニュアンスの練習やリスニング、リエゾン(単語同士の音のつながり部分)をRIZAP ENGLISHではもの凄く丁寧に教えてくれるので、だんだん聞き取れるようになってくるのが分かります。

 

 

最近では日常生活でも少しずつ英語を聞き取れるようになってきましたが、それは正しい発音でディクテーションができたおかげだと思います。僕は海外のゲームが好きなので、YouTubeでトレイラームービーを見ることもあるのですが、英語のナレーションが所々で何を言っているのか分かるようになったんです。

 

 

ライザップの英会話は高い…お金をかけるメリットは?

コスパを計算する人

数カ月で3~40万円ってどういうこと?・・・そう思うのに無理はないでしょう。

 

ライザップ英会話は、正直高い。なぜそんなに高い???

 

理由は、結果を出すことを前提とした英会話スクールだからです。

 

世の中のほとんどの英会話スクールは、レッスンを受けて終わりです。

 

教室に行って、英会話を学んで…、そして家に帰って、、、問題はこのあと。

 

  • 家に帰った後に何をやればいいのか?
  • いつまでにどの問題集を終わらせればいいのか?
  • 単語はどこまで覚えればいいのか?

ここまで管理してくれることはないのです。

 

だから、言い方を悪くすれば非効率なんです。

 

実際、多くの英会話スクールは3年以上通うことを前提としたシステムになっています。

 

つまり、短期間で集中的に英語を話せるようになりたい!という人には向いていないわけです。

 

 

ライザップはその真逆です。

 

長期に渡って通う必要はありません。2~3カ月だけでいいのです。

 

その代わり、短期間めちゃくちゃ頑張って一気にレベルアップしようぜ!というスタイルなんです。

短期間でレベルアップ

 

短期間で結果を出すというのは、本当に大変なこと。勉強量も増やさなければいけないし、覚える単語の量も膨大だし…楽じゃありません。

 

 

ただ、結果を出していくその過程に付き添ってくれるのがライザップ英会話のトレーナーです。

1人1人のレベルに合わせたカリキュラムやレッスン、日々の学習管理などフルサポートしてくれます。

 

 

一言でいえば、あなたに英会話コンサルタントが付くイメージ。

レベルが違う人をひとまとめのクラスにするような「グループレッスン」を遙かに超えた質で、英語を「コンサル」してもらえます。

 

なぜ、結果が出ないのか?

どこを勉強していけば英語が話せるようになるのか?などの分析もすべて行ってくれます。

 

 

そして、目標を達成するために「何を」「どれだけ」やればいいのか?をきちんと示してくれます。

 

受講者はそれに従って、淡々と課題をこなしていくだけです。だから、無駄なく最短距離で英会話が上達するのです。

 

 

ただ、ライザップ英会話が向いていないという人もいます。それは、「そこまで結果にこだわってないよ」って人です。

 

たとえば、時間はかかってもいいから皆で集まってわいわい楽しく英語をやりたいって人がライザップ英会話に入会したら、間違いなく後悔すると思います。

 

 

「サークルのような雰囲気で」

「趣味の一環として」

こんな感じで英語を勉強している方に、ライザップ英会話はおすすめできません。

 

 

ですから、一度考えてみて欲しいのは、本当に英語が必要か?ということ。

  • 仕事で英語を使うわけでもない
  • 英語を使うのは、海外旅行に行くときくらいだ

こうしたモチベーションでライザップ英会話を受けるのは、割に合わないかもしれません。

 

 

ただ、

  • 仕事で英語を使う
  • 外国人とコミュニケーションを取りたい
  • 転職先で英語力が求められている
  • 英語を使った職に就きたい

といった明確な目標があるのであれば、

短期間で飛躍的にレベルアップできるライザップ英会話がドンピシャです。

 

 

無料カウンセリングも行っているので、入会するか迷っている方は受けてみるのも一つの手でしょう。

⇒ライザップ英会話の無料カウンセリングを見てみる

 

 

それでは、今週も英会話の勉強頑張りましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。