ベルリッツの英会話コースで”結果が出ない理由”とは?入会前に知るべき事実

Pocket

あベルリッツの英会話コースは、企業の研修で使われることもあり、根強い人気を誇っています。

 

「日常英会話」と「ビジネス英会話」が存在し、用途やレベルに合わせたレッスンを受けられるので融通も利きます。

 

しかしながら、ベルリッツの英会話コースの評判などを調べていくと、”とある問題点”が発覚しました。

 

それは、『英会話が上達しなかった』『英語が話せるようにならなかった』という不満の声が見つかったことです。

 

  • ベルリッツの英会話コースで結果が出ないと言われる理由は?
  • 結果が出る人・出ない人の大きな違いは?
  • 確実に英会話をマスターする方法は?

 

こんなテーマでお伝えしていきたいと思います。

それでは、ご覧ください!

 

ベルリッツの英会話コース

ベルリッツの英会話コース詳細

ベルリッツの英会話コースには、

  • 日常英会話
  • ビジネス英会話

の2種類があります。詳細を見ていきましょう↓

 

日常英会話

日常英会話は、レベルに応じてレッスンを受けることが出来ます。各レッスンの目安回数はは40回です。

 

★初級者コース

中学校の文法レベルから学んでいきます。最終的には、自己紹介や買い物ができるレベルに上達します。

 

★中級者・上級者コース

ある程度の英語力がある人が対象のコースです。

 

『TOEICで7~800点くらいのスコアを持っていて、最低限のコミュニケーションは取れる。でも、会話が続かない』といったレベルの人が受講します。

最終的には、パーティーなどで外国人と会話したり、英語で世間話ができるようになります。

 

 

ビジネス英会話

ビジネス英会話も同様に、レベルに応じたレッスンを受けられます。各レッスンの目安回数はは40回です。

 

★初心者コース

挨拶で精いっぱいの人が受講します。最終的には、自己紹介や外国人をオフィスに案内できるようになります。

 

★初級者コース

相手の話すことがなんとなく分かる、片言でなら話せるレベルの人が受講します。最終的には、電話対応や外国人上司に報告ができるようになります。

 

★中級者コース

最低限、英語でやり取りは行えるけど、難しい質問に答えられないレベルの人が受講します。最終的には、初対面の人と会話したり、急な質問に切り返せるようになります。

 

★上級者コース

英語の会議に参加できるけど、高度な議論にはついていけないといったレベルの人が受講します。

最終的には、高度な議論に付いていき、インパクトのある発言を行えるようになります。

 

 

ベルリッツの英会話コースは「結果が出る人、出ない人」の差が大きい

ベルリッツは独学に近い

さて、ベルリッツの英会話コースの詳細を説明してきましたが…

ベルリッツの英会話コースには大きな問題点があるんです。

 

それは、『結果が出る人、出ない人の差が大きい』ということ。

 

ベルリッツの英会話コースは独学に近い

口コミなどを見ると、「ベルリッツで英会話やTOEICをレベルアップできた」という声も見つかります。

 

その反面、「ベルリッツに2~3年通い詰めたけど、全然英語が出来るようにならなかった」という声も多く見えます。

 

なぜ、結果を出せる人、出せない人で二極化してしまうのか?

 

それは、ベルリッツの英会話コースは独学に近い側面があるからだと思います。

 

一般的に、社会人が英会話を習得するためには1000時間以上の勉強が必要と言われています。

しかし、ベルリッツのレッスン時間は1回40分。

 

なので、1000時間勉強するためには、単純計算で1500レッスン受ける必要があるんです。

さすが、1500レッスンを受けるのは無理ですよね。

 

だから、レッスンがない日に独学をする必要があるんです。

 

 

「ベルリッツに任せておけば英語が話せるようになる」というのは幻想にすぎず、結果を出している人はレッスンと並行して自宅でコツコツ勉強しているわけです。

 

①週2回×40分のレッスンを受けて終わりの人

②週2回×40分のレッスンに加え、毎朝2時間勉強している人

 

①はベルリッツで結果を残せない人の典型例です。

 

さすがにこの勉強量で英語を話せるようになるのは不可能に近いでしょう。

 

「基本独学で進めていき、アウトプットの場としてベルリッツを使う」これが、結果を出している人のスタンスです。

 

 

「何を勉強するか?」は自分で考える

自習内容を自分で考える

「でも、独学が苦手だし…」

「独学が嫌だから英会話スクールに通っているのに…」

 

という声も聞こえてきそうです。

 

ただ、残念ながらレッスンがない日の勉強は全て自分で考えていかねばなりません。

ベルリッツはレッスンがない日のサポートが付いていないんです。

 

 

「英語を話せるようになるためには何が必要か?」課題を洗い出す作業も自分で行う必要があります。

 

課題を見つけるために、休日を利用して”英会話力を測る試験”を受けるのも一つの手。

 

  • Versant
  • IELTS
  • TOEFL

これらの試験を定期的に受け、弱点を可視化して、現時点のレベルをチェックします。

 

 

その結果に基づいて、単語力、文法、発音、リスニングなどなど…

 

自分の課題を洗い出し…

レベルに合った参考書を選び…

毎日コツコツと進めていく…

 

地道ですが、こうするしかないんです。

 

これに並行して、週2回くらいベルリッツのレッスンも受けることで、”初めて”英会話が上達していきます。

 

 

ベルリッツは途中で挫折する可能性が高い?

途中で挫折する

さて、「ベルリッツの英会話は独学に近い」というお話をしてきました。

 

  • 1レッスン40分をちょこっと受けたくらいで英語は身に付かない
  • 自分で学習計画を立てる必要がある
  • レッスンがない日の学習内容は自分で考える

と、このように独学を並行していく必要があるのですが…

 

 

正直、確実に英語を伸ばすのって難しいように思えます。

 

ネット上に上がっている学習法や、本屋で売っている最新の学習法、YouTubeで紹介されている学習法…

 

溢れるほどの学習法が乱立する中で、自分に合った学習法を選定し、それを継続していくのって中々難しくないですか?

 

「NHKラジオ英会話がオススメ」と聞いたから、先月はラジオ英会話をひたすら頑張った。

だけど、途中で「これで本当に英語が話せるようになるの?」と疑問を持ち始め、途中で断念。

今月は、英語のニュースを聞き流す学習法を取り入れ始めた。

 

こんな風に、いろんな勉強法に手を付けては途中で辞める。

また新しい勉強法に乗っかるものの、またしても途中で辞める。

 

”正しい学習法”を知らないと、こうした負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

 

そして、結果が伴わないからモチベーションも下がる。

 

一度モチベーションが下がると、「サボりたい」「楽したい」「休みたい」といったネガティブな気持ちに飲み込まれてしまいます。

 

その結果、待っているのは挫折です。

 

ベルリッツに入会して本気で結果を出したいなら、挫折を乗り越える必要があります。

 

レッスンがない日の独学を怠らず、右往左往しながらも自分の中で一つの学習法を確立する。

そして、その学習法を信じて貫く…

 

これが出来る人は、ベルリッツでちゃんと結果を残すことが出来ますよ。

 

誰でも確実に英会話が身に付く方法は?

確実に英会話を身に付ける方法

ベルリッツで結果を残すなら、レッスンがない日に独学する必要がありますが、独学が得意な人もいれば苦手な人もいることでしょう。

 

独学が苦手な人にとって、ベルリッツのスタイルは正直合わないかもしれません。

また、効率的に英会話を習得したい人も同様に、ベルリッツのスタイルは合わないことでしょう。

 

独学が苦手な人、効率性を求める人

独学が苦手、あるいは効率性を求める人は、「レッスンがない日のサポート」が充実している英会話スクールを選ぶことをおススメします。

 

「レッスンがない日にサポート?それってどういうこと?」と疑問に思うかもしれません。

 

具体的にはこんなサポートが付いているスクールのことを指します。

 

★ 毎日の無料メールサポート
⇒疑問が即日解消できるので、つまずく事が無くなります。

★「レッスンがない日の学習」まで管理してくれる
⇒レッスンがない日もグングン英会話を上達させることが出来ます。

★ あなたの英会話力を定期的に測ってくれる
⇒弱点を分析してもらい、苦手を集中的に潰していけるので無駄がありません。

★ 短期、中期、長期の目標設定と学習計画を立ててくれる
⇒自分で計画を立てるのが苦手でも大丈夫。英会話を近道でマスターするための計画は全て講師に任せましょう。

 

ここまでフルサポートが付いていたら、絶対に英会話を伸ばせる気がしませんか?

 

実際に、ここまでサポートしてくれたら、「正しい方法」「正しい手順」「正しい計画」で英語を学習してけるので、最短距離で英語を伸ばせることは間違いありません。

 

では、こうしたサポートが充実しているオススメの英会話スクールを挙げていきたいと思います。

 

トライズ

トライズ

トライズは1年間で1000時間も勉強して行く、本気中の本気の人だけが通う”ガチスクール”です。

 

  • 英語ができないと仕事で致命傷
  • 海外プロジェクトに絶対関わりたい
  • 昇格・昇進のためには英語力が必須

など、英語を身に付けるべき理由が明確な人は、トライズに身を置きましょう。

 

トライズでは、

  • 毎月Versantという試験で英語力をチェック
  • Versantの結果に基づいてオリジナルのレッスンを行う
  • 日・週・月ごとの学習スケジュールを組む
  • 不明点はメールで毎日サポート
  • 毎日課題を出してくれる

このようなサービスが付いているので、最も効率的な学習法で英語を身に付けることが出来ます。

 

トライズに入ると、1日あたりの勉強量の目安は3時間ですので、仕事と両立するのは”楽”ではありません。

 

しかし、量×質の揃った勉強を1年も進めていけば確実に英語が話せるようになっています。

 

「初心者の人でも確実に英語が話せるようになる」こう断言できるスクールはどこを探してもないでしょう。

 

もし、あなたが本気で英会話をマスターすべき理由があるのなら、トライズで英語漬けの1年を送りましょう。

 

トライズの無料カウンセリングを予約する ⇒

 

 

 

プログリット

プログリット

続いては、プログリット。

 

「1年もガッツリ勉強して行くのは時間的に厳しい…」

 

あなたがこう思っているのであれば、最速最短で英会話をマスターできるプログリットがオススメです。

 

プログリットはわずか3ヵ月という短期間で、プライベートやビジネスで通用する英会話力を要請してくれます。

 

具体的なサービスとメリットは以下の通り。

  • 毎週の面談であなたの課題や弱点を洗い出してくれるので、PDCAがグルグル回る。
  • 「週ごとの学習計画」を立ててくれるので、スケジュール管理が苦手でも大丈夫。
  • 「日ごとのタスク」も作成してくれるので、毎日やるべきことが明確。

 

プログリットが立てた学習計画に沿って、タスクを淡々とこなすだけでOKなので”忙しい”社会人にはピッタリで、根強い人気を誇っています。

 

仕事と英語学習を両立するタイムマネジメントや、第二言語習得論に基づいた”合理的な学習メソッド”で学習していくので、最速最短で結果を出すことが出来ます。

 

もしあなたが、時間がないと悩んでいるのであれば、短期集中で英会話をマスターできるプログリットがジャストフィットするでしょう。

 

プログリットの無料カウンセリングを予約する ⇒

 

 

さて、「独学が苦手」あるいは、「効率を求める」という方に人気でオススメの英会話スクールを紹介してきました。

 

とはいえ、いきなり入会するのはよくありません。

 

まずは無料カウンセリングに行って自分の肌に合うか?入会する価値があるか?を見定めることが大切です。

 

「百聞は一見に如かず」。気になる英会話スクールに実際に足を運びましょう。ひと手間掛かりますが、この行動力が必ず結果に結びつきます。

 

行動できないその他大勢のライバルを置き去りにしちゃいましょう!